TOP | 人と仕事を知る | インタビュー店長

Interview

先輩社員インタビュー
 
 

店長
インタビュー

魚旬浜松店 店長 後藤 弘輝

やっぱり飲食は楽しい仕事だと思っているので
お客様に喜んでいただいて、
それを見たらこっちも嬉しいし、
それがやりがいです!!


一人一人が主、
一人一人が主人公。
僕はそう思います。

 

入社の経緯を教えてください!

  • 最初はアルバイトで入って、社員研修という形で半年間アルバイトをやっていました。仕事をやっていて楽しいなと思って、そのまま社員になりました。

 
アルバイト時代のかもん フードサービスの印象は?

  • 自由に楽しく元気よく、ただ責任はしっかり各自持ってやっている会社だな
    という印象です。

 
現在の店長としての業務内容を教えてください!

  • おもに営業や数字管理、人材の管理、スタッフたちがみんな頑張っているから
    僕は特に…(笑)

 
店長としてのやりがい、面白さは?

  • 面白さは、自分のチョイスしたお酒が選ばれたり、毎日変わるお料理がお客様に喜んでもらえたりと、嬉しいな、よかったな。やっぱり飲食は楽しい仕事だと思っているのでお客様に喜んでいただいて、それを見たらこっちも嬉しいし、それがやりがいです。

 
かもんフードサービスの社風の良いところを教えてください!

  • 各自にすごく任せてくれる会社だと思います。各自自由な発想だったり、自分で考えたことをアクションで起こす。もちろん会社だから利益が出ないといけないわけで、ただ自由にやらせるだけじゃなくちゃんと責任をおいてくれる会社だと思っています。そこがすごい楽しいところ、やりがいです。
  • 一人一人が主人公、主だというのは社長から常々に言われていることなので、会社のマニュアルに沿ってオペレーションにはめられるよりも、自分で考えて自分でやってみるという各自考えさせてくれる会社だと思っています。ただそこにはしっかり責任はついてきます。1年間麻布十番のお店でやってみたんですけど、かもんのやり方が好きで、結局1年でまた戻って来ました。

 
 
店舗の社員や、スタッフへの指導や教育方針はありますか?

  • 基本的にはみんな自由にやってもらってます。ただやるときはしっかりやってもらう。ON OFFとメリハリはしっかりつけてやってもらえれば、あとは各自任せてます。

 

  • まず元気に楽しく、会社ではよく言ってる人の和と輪。やっぱりお店は1人ではできないものですし、誰かがいてくれいて協力してはじめてお店ができるものなので、そこをみんなで支え合いながら助け合いながら協力してやっていく。あとは、終わったら後輩を連れて飲みに行ったりとかそういうのコミュニケーションがいいのかなと思っています。お酒飲みながら話ます(笑)

 
自身の将来の展望を教えてください!

  • まずは魚旬の浜松町店をもっともっとしっかり業態として磨き上げて、多くのお客様に支持をいただくこと、その先に新店の展開。どんどん魚旬というものをもっと多くのお客様に知っていただければなと思います。

 
 

あなたにとって「主」とは

一人一人が主、一人一人が主人公


一人一人が主、一人一人が主人公。僕はそう思います。
 

 

BE A MASTER.

 
「かもんフードサービス」はプロを育て、
たくさんの経営者を育てる会社です。
言葉だけの「独立制度」が多い中、
着実に実績を積み上げております。
 
我が社が求めているのは
プロ意識を持ったビジネスマンです。
「是非、自分のために働いて下さい!」
安定感のある大企業で働くのも良いことです。
しかし、我々は「小が大に勝つ」ことが
ロマンだと思っております。
自身の成長と会社の成長を
自らの力で成し遂げてみませんか?
img20190423150501189533.jpg img20190423150745497801.jpg img20190423150828328446.jpg
Top